LABレポート> NEWシート

こんにちは。
DADDYLAB 商品開発担当 サクラダディです。

今日は、新しいシートをご紹介します。
これまでDADDYLABでは、クランプシートポストと併用する独立シートを販売していましたが、やはり気になっていたのは、「シートポストとシートの両方を買うとちょっとお値段がはる」ということ。

そこで今回の新しいシートは、ポスト一体型シート!!
特徴は、シート側面の面積が広いこと。
これにより内股によるサポートグリップ感をアップ!! より車両バランスがとりやすく、ライドコントロールをしやすくすることに配慮!!

また、乗車時に痛みを感じないことを絶対条件としシートの樹脂ベース形状を決定。
加えてクッション性を高くするためにウレタン層ではなくゲル層(スライムが固まったみたいなもの?)を採用して試作。

試作品によるモニター検証を行うことに_。
※モニター=ストライダーを既に卒業しているウチの息子4年生と娘1年生です。身近ですみません。

検証は意外な結果だった。
基本形状の検討の際に何もクッション素材がついてない樹脂ベースに座らせ、フィット感を確認、合わせて痛みを感じない形状を決定したはずなのに・・・
試作は、更にゲル層を入れてクッション性を上げたはずなのに・・・
二人とも「痛い!!」って_どうして?
ん〜どうしてだ???

理由は、わからないがとりあえずクッション素材のついてない樹脂ベースに座らせてみると・・・
二人とも「大丈夫、痛くない」って。
二人に良くインプレッションを聞いてみると_
ゲル層で表面がパンパンになっているシートは、指で押すと柔らかいが、着座すると張力により、張った上面がどうやらポイントであたるようである。
息子が言っていたのは_「なんだか、てっぺんで押されてる感じが痛い!!」

なるほど〜
痛みの原因は、クッション性よりもむしろ形状のフィット感なのかも。

今度は、ゲル層より薄い従来のウレタン層で試作してみることに。

↓左:ゲル層シート/右:ウレタン層シート ※同型ベース使用

後、右のウレタン層クッションのシートを検証→「大丈夫、痛くない、いい感じ!!」

二人のモニターにお墨付きをいただき量産仕様が決定!!
量産品は、ストライプグラフィックの3カラー

【仕 様】
長さ:座面からポスト下端までのサイズは、約295mm(ポスト長:200mm)
幅:約106mm
重量:約250g

幅もストライダーフレーム全幅よりややスリム!!

車両に装着するとこんな感じ↓

商品名は、「ロデオシート」

Coming Soon!! 乞う、ご期待!!

DADDYLAB商品開発担当 : サクラダディでした。

仕様、価格等の詳細は、発売日決定のリリース時にお知らせいたします。
もうしばらくお待ちください。

最新情報をCheck!!
FB_https://www.facebook.com/daddylab

LABレポート>NEWステムの開発

こんにちは、DADDYLAB 商品開発担当 サクラダディです。
3月に入り春の気配を感じる今日この頃、
カスタム DADDYの皆様のワクワク度もアップしているのではないでしょうか?
ストライダーカップの日程も発表され、いよいよシーズンイン!!って感じですね。

さて、DADDYLABもオンシーズンに向けて新商品をリリースさせていただきます!!

今回は、ステムです!!
ず〜っとホイール関連の開発に頭を悩ませながらも
実は、2015年の秋頃からかな〜り真剣に新しいステムの開発に着手していました。
着手から約1年半年!! なんとか発売の見通しがつきましたので 開発過程も含めて、
いつもの LABレポート風にご報告させていただきます。

2015年秋

「ストライダーのカスタムパーツといっても考えてみるとなんだかホイールばかりに力が入っていたような」
「・・・他のパーツといえば・・・結局のところ自転車パーツの焼き直し的だったりしないか?」
「ん〜、それって、ストライダー=ランニングバイクに適したパーツなのかな?」
と、そんな事を思ったのがきっかけでスタート。

フロント周りのカスタムパーツを再考してみる_
・ハンドルバー
・ハンドルグリップ
・ステム
・ステムアダプター 以上、4点のパーツを必要とする。

・パーツ構成 → 自転車有識者はともかく、ちょっと複雑な感じ。
・価格面 → パーツ総額約1万円程度、ちょっと高い感じ。

「もっとシンプルかつカスタム費用を安くできないかなぁ〜 」
ハンドルバーとグリップは、しかたがないとして、
ステム、ステムアダプターを一体化すれば、シンプルかつ低コストになるはず!!
おまけに軽量化も図れるのでは?!
すなわち、クイルステムの構造を採用した、ランニングバイクに最適な専用ステムの開発を試みることに!!

ランニングバイク専用として考えた場合、
安全面で不安があった「転倒の際にステムヘッドに胸を強打・怪我をする。」
といったケースを回避する考慮も必要であると考える。
それとDADDYLAB製品としてリリースする以上、絶対カッチョ良くなければならない!!

開発の方向性も定まり、創作モチベーションが盛り上がってきたところでデザインのラフスケッチを開始。
数週間に渡りかなりのラフを描いたがデザイン形状の方向性は、こちらの落書きに決定↓

※ここからは、開発フローの概要をご紹介します。


●デザイン 形状(デザイン)のポイントは_
安全性を第一に考え、ひっかき怪我のリスクが考えられるフロントキャップ固定ボルトの無露出化も含め、ステム上部の凹凸を無くすこと!!
かつ、デザイン面でも車体取付時のプロポーションがスポーティで美しいこと。
更にアダプター一体型であることを活かしてハンドルクランプ位置の低ポジション化など、
ランニングバイク専用ステムであることを強く意識した形状(デザイン)を模索。


●図面化
ラフスケッチを基に具現化に向けて造形概略図面を作成




●3Dデータ化
造形概略図面を基に3Dデータを作成、モニターによる造形面のチェック&修正作業を行う


●3Dプリンター出力
3Dモデルによる造形確認、及び車体装着確認 [立体で形状を確認→修正箇所を3Dデータに反映→再度3Dモデル作成]を繰り返し造形の決定

2016年3月 最終3Dデータと3Dモデルを持っていざ台湾へ。

製造依頼を2社に打診。
金型コスト/製造単価、共に高かったが品質面で実績のある製造業者に金型、及び試作を依頼。


●試作・安全性確認テスト
この間、金型製造上の問題に関する打合せを重ね
2016年10月_強度テスト用試作品の完成
振動テスト等を行い強度・安全性の確認を行う↓

2016年12月


●量産試作
全ての問題をクリアした量産試作品の完成↓

車体装着確認

フロントフォーク>トップチューブ内径に合わせて、ストライダーモデル:Classic/Sport用とPRO用の2仕様を設定。仕上がりは、マットブラック+サンドブラスト仕上げ。

●取付方法
車体取付方法は、2通り。

1.付属のセンターボルトを締めて固定する方法
2.付属のセンターボルトとウスを外し、純正ハンドルの固定方法と同様にハンドルクランプによって固定する方法
※重量的には、2の方法が軽量となります。

1年と半年の開発期間をかけて、ストライダーに適したランニングバイク専用ステムが完成!!

安全対策、及びデザイン性、全てにおいて大満足!!

しかしLABの総評は、95点。マイナス5点の要因は_
計画通り、ステム+ステムアダプターを一体化することにより軽量化を図ることはできたが、安全対策の為、凹凸の無い形状にした分、開発前に想定していた大幅軽量化という結果には至らなかった。(当ブランド製品比較)
強度面も含め安全性を重視した結果としてご理解いいただきたい。

さて、いよいよ量産!!
2017年2月_量産開始
Coming Soon!! 乞、ご期待!!

DADDYLAB商品開発担当 : サクラダディでした。

●商品名称: クイルステムS(Classic/Sport用)/クイルステムP(PRO用)
※仕様、価格等の詳細は、発売日決定のリリース時にお知らせいたします。
もうしばらくお待ちください。

 

最新情報をCheck!!
FB_https://www.facebook.com/daddylab

商品入荷のご案内>X-WHEEL Light

欠品していました下記の商品が入荷いたしましたことをご案内いたします。

【商品名称】 X-WHEEL Light+タイヤセット〈SDL-B-XWL〉
全色在庫有り

●販売価格:7,500円+税
●販売サイト:http://labshop.daddylab.jp/?pid=108672671

2017 謹賀新年

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。

旧年中も、小さな子供たちの頑張りにたくさんの笑顔と感動をもらいました。
ストライダーシーンを通してお子様の成長を皆様方と共有し感じることができましたことを大変嬉しく感じております。

2017_新しい年を迎えました。
今年もストライダーファミリーの数だけ、それぞれの物語が刻まれることと思います。
お子様が、どんな成長を見せてくれるか楽しみですね。
皆様方ご家族にとりまして思いで深い素敵な一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

そしてカスタムDADDYの皆様、今年も子供と一緒に本気で楽しみましょう!!
私たち DADDYLABスタッフもご一緒に楽しませていただきます!!
本年もDADDYLABを宜しくお願いいたします。

最新情報をCheck!!
FB_https://www.facebook.com/daddylab

新商品 X-WHEEL Light 先行販売のご案内

11月5・6日に行われるストライダーカップ アジア選手権会場にて新製品「x-wheel light」のプロモーションを兼ねて展示、及び限定数先行販売を行います。 アウトレット品の販売等も行いますので、当日会場にお越しのユーザー様は、是非、DADDYLABブースにお立ち寄りください。

x-wheel-l_all

新商品>NEWレーシングホイール「X-WHEEL Light」発売のご案内

x-wheel-l_all

レーシングホイール「X-WHEEL Light」の発売日時をご案内いたします。

【商品名】 ダディラボ レーシングホイール_X-WHEEL Light(X-ウィール ライト) +タイヤセット

【品番】_SDL-B-XWL

【商品概要】
前モデル:X-WHEELと同型のハブベースを採用した低価格版のX-WHEEL(タイヤセット)となります。別売りオプションパーツ「スリムナット」や「X-WHEEL専用スキュアー変換キット」を使用した、ハブアクスルのカスタマイズやスケートボードに採用されている回転性能に優れたオイルベアリング(608規格)を搭載するベアリングチューンなど、ホイール自体のアップグレードカスタマイズをお手軽にお楽しみいただける製品となります。また、ストライダーカスタムで人気の高いシュワルベ製_203系タイヤとの相性が良いリムを採用していますので、ビッグアップルやHS140などの装着も可能です。

x-wheel_l608sb
ABEC7 608 シールベアリング

x-wheel_hub
左:スリムナット(別売)/右:X-WHEEL専用スキュアー変換キット(別売)

x-wheel_l-sw
シュワルベ製 203系タイヤに適合

【仕様概要】
・適合モデル_ Classic/Sport/PRO
・サイズ_12インチ
・ハブ_ DADDYLAB X HUB_H16(16ホール)
・ハブベアリング_ ABEC7 608シールベアリング(中国製)
・スポークサイズ/本数_14番/16本
・ニップル_スチール製ブラック塗装仕上げ
・ホイール重量(標準タイヤ装着時重量)_約355g(約815g)
・チューブバルブ_米式バルブ
・推奨タイヤ_シュワルベ製 203系タイヤ

【発売日時】_2016年11月18日(金)AM10:00

【販売単位】_1輪+タイヤ付き

【販売価格】_7,500円+税

当オンラインショップ及びDADDYLAB正規販売代理店にて販売いたします。
※販売店によりお取り寄せ商品となります。

最新情報をCheck!!
FB_https://www.facebook.com/daddylab

LABレポート>NEWレーシングホイールの開発

カスタムダディの皆様、お久しぶりです。(かなり)
覚えてくれてますかぁ〜DADDYLAB 商品開発担当 サクラダディです。
本当はもっと早く皆様とお会いしたかったのですが、ホイールの開発にもがき苦しんでおりました。泣
おかげ様で精神、肉体的にもボロボロで結果、4Kgの体重増!! ストレス食いするタイプなので・・・。

そんな話はともかく、まずは、お詫び申し上げなくてはいけません。

DADDYのホイールが姿を消してから約1年、たくさんのカスタムダディ様より再販のリクエストをいただき、お待ちいただいている方も多数・・・・本当にごめんなさい。
幾度となく再販の予定をお伝えしておきながら幾度となく約束を守れずに過ごす月日は、私自身にとっても心苦しい想いで過ごす日々でした。
様々な事情はあったにせよ本当に申し訳ございませんでした。
合わせて、暖かい激励のお声をいただき心より感謝申し上げます。

そして本日、ようやく皆様にご報告ができる状況となりました。
これよりは、いつものLABレポート風にお伝えしようと思いますが、開発経緯の全てをお伝えすると90%愚痴になってしまいそうですので「様々な事情」については省略させていただきます。

〈LABレポート〉

これまでにDADDYLABより発売したホイールは何種かあるが、カップレーサー/ X-WHEELを除く他のホイールは全て中国製造の製品となる。毎回品質には最善の配慮を行ってきたつもりではあるが、中々100点と言う訳にはいかないのが現状であった。
それでも製造拠点を中国に置く理由は、やはり安い製造コスト。
品質だけで考えると、やはり世界一の自転車パーツの製造拠点である台湾が望ましい。
しかし製造コストは中国の1.5〜2倍。

そんな葛藤をずっと抱えていた。

そんな中、海外でデリバリーされているストライダー純正のスポークホイールの仕様が変わったという情報が入ってきた。大きな仕様変更は、スチールハブ+ルーズボールベアリングからアルミ製ハブ+シールドベアリングに変更された内容となる。

早速、海外から純正スポークホイールを取り寄せで検証してみることに_

さすがにシールドベアリング!! 旧型と比較すると歴然の差で回転がスムーズである。
加えてハブベアリングを 同型ベアリング:6000番の国産NTN社製ベアリングに交換してみる_
ハブ受け精度も悪くないため、ベアリング精度がそのまま回転性能に反映される印象だ。良い!!
加えてシュワルベ製タイヤ:ビックアップルと HS140との相性も悪くない!!
体裁はともかくこの低価格でここまでのパフォーマンスを得られればレーシングホイールとしても十分なスペックではないだろうか。
この新型純正スポークホイールは、既に日本でもデリバリーは開始されている。
しかも価格据え置き!!

そして葛藤に終止符!!

今までは、純正スポークホイールに代わる製品としてホイールの開発を行ってきたが、新型純正スポークホイールのスペックを考慮し、「純正ありきのサードパーティホイール」といった考え方にシフトすることにした。

よって、きっぱり製造拠点を台湾に移すことに決定!!

さて、製造拠点を台湾に移して、 DADDYLABとして、どんなホイールを作ったらいいか?

新しいホイールで私がやりたかったことは_
X-WHEELを販売して感じたことだが、
X-WHEELを購入するユーザーのほとんどがスキュアー変換キットを同時購入する傾向があった。
スリムナットやスキュアー変換キットなどを提供して、更なるカスタマイズの楽しみを・・・といった考えであったが 「X-WHEEL本体+別売オプションパーツでは、楽しんでいただくには、ちょっと金額が高すぎる。」ということ。
つまりカスタマイズベースホイールとして考えた場合、 X-WHEELは、高すぎるということだ。
そこでベースホイールとして適正な価格まで本体価格を安くして、オプションパーツによるカスタマイズをもっと手軽に楽しんでいただけるようなホイールを作りたかった。

X-WHEELの場合、構成パーツのグレードが高く、どうしてもアレンジコストが高くなってしまう。
そこでX-WHEELのハブベースだけを使って価格を抑えた新たなホイールの開発を模索することに。
だが動いてみたものの、従来の方法=ホイールメーカーに全てのアレンジを任せる方法では、どうしても希望するコストをクリアできない。
そこで、リムからスポーク、ニップル・・・・全ての構成パーツを個々に調達し、ホイール組立工場に持ち込み、組立のみを依頼する方法によってコストダウンを図った。
泣きそうな問題もたくさんあり想定よりも長い時間を費やしてしまったが、結果イメージ通りの製品をラインオフすることができた。

以上、商品開発担当:サクラダディのLABレポートでした。
あ、言い忘れました。 新しいホイールのネーミングは、X-WHEELのハブを採用したので「 X-WHEEL Light」です。
この場合のライトは、「軽さ」の意味ではなく廉価版的な意味となります。
発売及び仕様詳細については、あらためてリリースさせていただきます。

発売前は、いつもダディスタッフはドキドキです。
X-WHEEL Lightがカスタムダディの皆様に喜んでいただけることを願って、
毎晩寝る前に神様にお祈りしてから寝ます。

また、近々お会いしましょう〜まだ、ありますよ〜笑

商品開発担当:サクラダディ

最新情報をCheck!!
FB https://www.facebook.com/daddylab

x-w-l_sp

ホイール発売について〈お詫びとご報告〉

平素より当オンラインショップをご利用いただきありがとうございます。

この度、ホイールの発売についてお詫びとご報告をさせていただきます。

ホイールにつきましては、欠品期間が続き大変申し訳ございません。
進行状況と今後の予定についてご説明させていただきます。

お問い合わせをいただいた当ブランド販売代理店様に対しましては、再販予定を8月とお伝えしておりましたが、 工場より出荷された製品の品質上の問題により販売にふさわしくないと判断いたしました。
結果として、大変申し訳ございませんが、予定しておりました8月の販売の延期をご報告させていただきます。

先にお伝えした情報により、お待ちいただいておりますユーザー様には大変申し訳ない想いでいっぱいでございますが、 ご満足いただける製品のご提供を第一に考えさせていただいた苦渋の決断としてご理解いただけましたら幸いです。

現在、再生産に向けて調整を行っております。
具体的な再販時期につきましては、確定次第、あらためて当サイトよりリリースさせていただきます。

この度の状況に対し深くお詫び申し上げますと同時に
今後は生産管理、及びスケジュールの精度向上に努めて参る所存でおります。

今後ともDADDYLABを宜しくお願いいたします。

NEWレーシングホイール「X-WHEEL」発売のご案内

X_WHEEL_ALL

レーシングホイール「X-WHEEL」の発売日時をご案内いたします。

【商品名】 ダディラボ レーシングホイール_X-WHEEL(X-ウィール)

【セット内容】
●ホイール 前後2輪(1台分)
●スリムナット前後標準装備
●リムテープ ※タイヤは含まれません。

【発売日時】_2015年12月18日(金)10:00

【販売価格】_22,800円+税

【その他の発売商品】
X-WHEEL専用 スキュアー変換キット_P(ST-PRO用)
X-WHEEL専用 スキュアー変換キット_S(ST-3/4用)
スリムスキュアー(新色追加)
スリムナット(新色追加)

当オンラインショップ及びDADDYLAB正規販売代理店にて販売いたします。
※販売店によりお取り寄せ商品となります。

最新情報をCheck!!
FB https://www.facebook.com/daddylab

LABレポート>NEWレーシングホイールの開発〈最終:おたのしみ編/全3編〉

NEWレーシングホイールの開発〈全3編〉!!
〈前編〉では開発プロセスをご紹介し、
〈後編〉では製品の概要をご案内させていただきました。
最終回は、「NEWレーシングホイールの開発〈おたのしみ編〉」です。

〈LABレポート〉

前編で掲げた 開発コンセプト
「もっと掘り下げたカスタムの面白さを提供できる商品を・・・」
そうなんです!! X-WHEELは、もっと奥が深いのです!!←できれば、川平J風にお願いします。
では、もう一度_

「そうなんです!! X-WHEELは、もっと奥が深いのです!!」

LABの考えは、カスタムダディの色を加えることのできるホイールであること。
つまり拡張性のあるホイール。
極端な言い方をすれば、X-WHEELは、カスタムベースホイールでもあるのです。

デフォルト(標準仕様)のハブは、[鋼鉄シャフト+スリムナット]仕様。
アクスルパーツを含むホイール1輪分の重量は、約350g_1台分で約700g
十分、軽量ホイールと言えるだろう。

物足りない?

ならば_ 「X-WHEEL スキュアー変換キット〜!!」←今度は、ドラえもん風に_

ヘビーカスタムダディは、既に察しが付いたことと思うが、このオプションアイテムは、デフォルトのハブをスキュアーに対応したハブへと変換させるキットだ。

鋼鉄シャフトをアルミ製中空スペーサーパイプに変換し、尚且つ DADDYLAB製スリムスキュアーの装着を可能とするX-WHEEL専用のオプションパーツである。

変換後の重量は_ ホイール1輪分_約283g/スリムスキュアー_約30g_と更に大幅な軽量化となる。
軽量化重視のカスタムダディには、放っておけないオプションアイテム!!_だと思う。

そして、そして_
なんと言ってもX-WHEEL最大の特徴=608ベアリング対応のオリジナルハブ!!
つまり、スケボーのスーパーウルトラバッカみたいに回るベアリングが搭載できるハブ!!
このスケボーベアリングを使ったベアリングチューンが超〜楽しい!!

LABに台湾から X-WHEELが届いた日_
速攻、ムラサキスポーツにGO_!!

「ベアリング、ヤバいヤツください!!」

ムラスポのボーダーの方にウィールベアリングについて色々とレクチャーを_

「これ、ヤバいですよ。初めて乗った時、身体が置いていかれる感覚でした!!」

と言う言葉にワクワクしながら GETしたベアリングは_
ご存じ、日本が世界に誇るNiNjAブランドの「SUPER BADDEST」(スーパーバッデスト)

LABに戻り、早速 X-WHEELに搭載!!
本当にスケボーベアリングが搭載できることにあらためて感激!!涙
そして〜

エクスタシ〜〜!!

もう、言葉では、伝えられないのでここからは、動画で_

ただひたすらホイールの回る、ストライダーのヘビーカスタムダディにしか受け入れられない 超〜シュールな動画をロックグラスを片手にご覧下さい。

「スキュアー変換キット」の交換方法、及び「ベアリングの交換方法」については、真面目に動画でご説明させていただきましたのでご参照ください。
X-WHEEL_EX_

と言う訳で、NEWレーシングホイールの開発〈全3編〉は、完結です。
最後までお付き合い頂き有り難うございました。

DADDYLAB製品が、お子様と共有できる楽しみの一つとして受け入れていただけたら喜びます!!

それでは、また、お会いしましょう!!
DADDYLAB商品開発担当:サクラダディでした。

※発売日等の諸情報は、近日リリースさせていただきます。