月別アーカイブ: 2013年1月

LABレポート>ハンドルバー

今回は、ハンドルバーの開発について。 まず、カスタムシーンに幅を持たせるために数種類の形状は欲しいところ。 検討の結果、LABでは、 ・フラットバー ・ライザーバー ・ダウンヒルバー の3種を初回のラインナップとして採用することに決定。 設計上の留意点としてアルミで軽量であることを前提とし、 カットする必要の無いワイド寸とライズ位置からエンドまでの寸法内にグリップがきちっと収まることが条件。 次に

LABレポート>ファンデーショナルシート

「ファンデーショナルシート」 って何? 今回のLABテーマは、機能部品ではなく、視覚的に個性を演出するアイテム。 既に、オリジナルのペイントを施したり、ステッカーによる視覚的カスタムを楽しむユーザーの方々も・・・・ そこでストライダーのフレームをよりグラフィカルに演出する「ファンデーショナルシート」のご提案。 「ファンデーショナルシート」のネーミングの意図するところは、[ファンデーション]:【基礎

LABレポート>ヘッドセット

ストライダーの構造についてユーザーから聞こえてくるのは、 「他のランニングバイクに比べて構造が玩具っぽい」という意見。 では、どこが?・・・と考えるとハンドルをステアする構造以外は、他の車種と変わりない。 おそらくその意見は、ストライダーにヘッドセットが装備されていない事に対する意見だと思う。 ということで今回のLABの開発パーツは、ストライダー専用のヘッドパーツ。 市販のヘッドパーツを装着した場

LABレポート>ステムアダプター

ハンドル周りのカスタムを考える。 実は、2011年の11月にLABが最初に取り組んだのがハンドル周り。 ハンドルをカスタムする為に必要となるパーツは、ハンドルの他に、ステム、ステムシム・・・ということで市販パーツを購入し検討開始。 まずは、ストライダーの構造を理解するところから・・・ 既にカスタムDADDYの皆さんも知っての通りノーマルのT型ハンドルを外すと本体フレームのフロントフォーク受け上部よ

LABレポート>ディスプレイスタンド

「ストライダーを格好良くディスプレイするスタンドがほしいなぁ〜」 ということで、LABでディスプレイスタンドの開発に着手したのが昨年の9月。 まず、どんな形態の物がいいのか? LABの考察では、カスタムシーンの傾向として自転車カテゴリーとして捉えてカスタムするDADDYとバイクカテゴリーとしてカスタムにフィードバックしているDADDYとの二つに分類されるような・・・ 元々、DADDYLABでは、「

新年のご挨拶/今後の発売予定

新年明けましておめでとうございます。 11月29日のプレオープンから約1ヶ月の間、一部商品の取り扱いではありますが、 たくさんのユーザー様にご利用、ご支持をいただき大変感謝いたしております。 同時にマーケットのニーズを再認識し、ご提供させていただく商品の開発に反映させていただく所存でございます。 既に発売しています商品以外の製品に関しまして発売時期等のお問い合わせを多数いただいております。 DAD