LABレポート>Let’s カスタム!!

こんにちは_サクラダディです。
今回の LABレポートは、先日行われた「STRIDER CUP 大阪ラウンド」の際、 DADDYブースにお立ち寄りいただいたカスタムダディさんをご紹介させていただきます。
大変嬉しいことにDADDYLABパーツのデザインを気に入っていただきご愛用いただいているとのこと。
嬉しい限りです!!

車両を拝見すると_
KIDSロードシートがスリムに!!
今までユーザー様から「DADDYLABのシートのスリム化は可能ですか?」とお問合せを受ける度に「ウチのロードシートは、構造がしっかりしているので形状を変えることはできません」とお答えしていました。
が_こちらのカスタムダディさんは、なんと!! KIDSロードシートをスリム化していらっしゃいました。
メーカーとしては、ユーザー様ご自身が加工した製品に対して保証することは、立場上できませんが、そこまでしてDADDYLAB製品を使ってくださっていることに感激!!
お話をお伺いすると_
「 DADDYのシートをスリム化して使いたいニーズは、あると思いますよ」
ということで、今までお問合せをいただいたユーザー様にその内容をご紹介させていただきたいと思います。
しかし残念ながらブースにお越しいただいた時にその車両の写真を撮らせていただくことを忘れてしまいました。
ですので、そのカスタムダディさんに許可をいただいて個人FBをご紹介させていただきます。
対象となる記事は6/3にアップされた内容です。
https://www.facebook.com/yu.takano.33
※画像は、ユーザー様の FBから引用させていただいています。

DADDYLABをスタートさせる前、父親としてストライダーが大好きな息子と一緒に既製パーツを加工をしてカスタムを楽しんでいた頃を思い出しました。
レースで良い結果を出すために一緒に練習を頑張るのも、一緒にオリジナルのマシンをカスタムするのも、ストライダーを媒体として親子で共有できる時間を持つことって愛情を確認できる素敵な時間ですよね。
ストライダーのマニュアルには書かれていませんが、きっと、ストライダーの一番の機能は、この部分だと思います!!
ストライダーの対象年齢期間は、わずか!!
ストライダーを媒体とした未来に繋がるご家族の素敵な時間をお過ごしください。

最新情報をCheck!!
FB_https://www.facebook.com/daddylab

DADDYLABカスタムインスタグラム
https://www.instagram.com/daddylab_japan/


コメントは受け付けていません。