X-WHEEL Lightの拡張性

毎年猛暑を過ぎたこの頃になると各地でランニングバイクのイベントが盛んに開催されるようになります。
同時にレース初参戦のユーザー様よりカスタムについてのお問い合わせを多数いただく季節でもあります。
特にホイールに関してのご質問が多いので、今回はカスタムエントリーのユーザー様に向けてX-WHEEL の特徴を紹介をさせていただきます。


X-WHEEL Light は、おかげさまで発売以来、世界中のストライダーキッズにご愛用いただいております。
いくつかのマイナーチェンジを経た現行モデルは、日本メーカー(NTN社)のベアリングを標準装備し、 アッセンブリは自転車産業の拠点である台湾のホイールメーカーに依頼するなど、その安定した品質は、実用からレースシーンまでをカバーする優れたコストパフォーマンスを誇ります。

加えて、他製品にはない優位的特徴は、使用ニーズに合わせてアップデートが可能な拡張性です。
ランニングバイクの問題点である「リアホイールのナットにくるぶしがあたる」といった事象の対策としてナットのスリム化をはかる「スリムナット(別売)」、 更にスリム&軽量化をはかるハイエンドユーザー向けオプションパーツとして「 X・アクスル変換キット」のインストールが可能です。

また、X-WHEELの名前の由来でもある エクストリームスポーツのオリンピック「Xゲーム」、 その競技種目:スケートボードのウィールで採用されているベアリング規格(608)を採用していることで回転性能の優れたスケートボード用のオイルベアリングのインストール可能です。スケートボードのトルクのかかり方に近いランニングバイクにとってベアリング性能は走りに大きく影響を及ぼします。

X-WHEELであれば初期モデル〜現行モデルまで、 全てのモデルでアップデートが可能となります。
既にX-WHEELをご愛用のユーザー様は、メンテナンス&アップグレードでレースシーンにおいて十二分に通用するポテンシャルであることを、ぜひ再認識してください。

また、これからホイールのご購入をお考えで、最初からレースで良い成績を目標になされているユーザー様の場合、必然的にタイヤ性能のアップグレードを求め、タイヤメーカーの高性能タイヤに交換する方が多数います。同時にナットのスリム化は必須となり、スキュアー等のアクスルのカスタマイズ(ハブの交換)に発展していく傾向にあります。
X-WHEEL Lightの拡張性はそれらの傾向に段階を経て十分応えられるスペックではありますが、最初からハイスペックをご希望の場合は、X-WHEEL Lightのトータル拡張コストを考えると、最初からフルスペック&上級品質のX-WHEEL PROをご検討いただいたほうがコスト的ロスが少くて近道かもしれません。


X-WHEEL Light https://labshop.daddylab.jp/?pid=108672671
X-WHEEL PRO https://labshop.daddylab.jp/?pid=122366641
X・アクスル変換キット https://labshop.daddylab.jp/?pid=122366664

最新情報をCheck!! FB
https://www.facebook.com/daddylab

DADDYLABインスタグラム
https://www.instagram.com/daddylab_japan/


コメントは受け付けていません。